ジャガイモ|家庭菜園・プランター・ベランダ菜園でのジャガイモの栽培方法をご紹介

野菜の育て方を探す カテゴリから探す 草花の育て方を探す

品種が豊富で初心者向き! ジャガイモ

主食にもなる野菜として世界中で栽培されています。
ナス科ナス属の根菜。 原産地は南米アンデス山系の高地。
日本には江戸時代にオランダ船によって長崎に伝えられました。


栄養成分

デンプンを主成分とし、ビタミンCやB1、ミネラルも豊富。
カロリーが白飯よりも少なく、とってもヘルシー!


おいしい食卓

コロッケ・肉じゃが・カレー・シチュー・マッシュポテトなど様々な料理に使えます。


 

「ジャガイモ栽培セット」のご購入はこちら

栽培期間(関東標準)

タネイモを植える 0日
発芽 約1ヶ月半ごろ
芽かき 約2ヶ月ごろ
土寄せ・追肥 芽かき以降2〜3回に分けて
収穫 約4ヶ月で収穫

育成手順

STEP1 タネイモの購


タネイモはスーパーなどで売られている
ジャガイモでいいの?

スーパーなどで売られている食用のジャガイモは
伝染性のウイルスにかかっている場合があり、
うまく発芽しない場合があります。
ホームセンター等で栽培用のタネイモ(殺菌済み)を
購入しましょう。

STEP2 植え付け

深めのプランター(40cm以上)を用意します。

鉢底土をプランターの底が
見えなくなるくらい敷き詰めます。

鉢底土
鉢底土は通気性、
排水性を高めて
根腐れを防止します。
商品詳細はこちら

土を入れます。
お勧めはフジミの“野菜がおいしいeco培養土”です。
有機質成分が長く効き、土を豊かに活性化し排水性と
保水性に優れた自然熟成培養土です。

商品詳細はこちら

タネイモを1個そのまま植えると芽がたくさん出てしまうので、
タネイモを芽の数が均等になるように、包丁で2等分に切り分けます。

草木灰を用意し、平らなトレイなどにあけます。
切り口を草木灰に押し付け、まんべんなくつけます。



  • 切り口から雑菌が入りタネイモを腐らせないようにするため。
  • 切り口を乾燥させるため。

※草木灰がない場合は、切り口を日光に1日当てて
乾かすとともに日光消毒により雑菌の侵入を防ぎます。

タネイモの切り口を下にし、土の表面から15cm位の深さに植え、
株間は20〜30cmになるように植えていきます。


STEP3 芽かき・追肥1

芽が何本も出てくるので、草丈が10cm程に育った頃、
丈夫な芽を2〜3本残してほかの芽を根元から
かきとります。
芽かきをせずすべての芽を成長させると、
栄養が葉に取られジャガイモが大きく育たなく
なります。

かきとり
かきとる時はタネイモが抜けないように 株元をしっかり押さえながら斜め横方向に引き抜きます。

STEP4 土寄せ・追肥2

芽かきのあと1週間後くらいに根元に土を寄せます
(または土を足し入れます)
この時、追肥も行います。
いも類まめ類専用肥料”を軽く1握り程度施します。
(追肥は、リン酸、カリ成分の高いものを施すと良いでしょう)

いも類まめ類専用肥料
お勧めはフジミの
”いも類まめ類専用肥料”です。
地下茎を育てるのに適しており、
有機質が多く配合されています。
ゆっくりと効くタイプの肥料です。

新しいジャガイモは土の中でタネイモよりも上に
出来る性質があります。
土中からジャガイモが顔を出したら
すぐ土をかぶせてあげましょう。
栽培途中でジャガイモが地上にでて日光に当たると、
その部分が緑色になり有毒な成分が作られてしまいます。
よく観察してジャガイモが顔を出さないように
早め早めに土をかぶせておきましょう。
寄せ土(足し土)をする時にあわせて、少しずつ追肥も行いましょう。

商品詳細はこちら

白くて可愛い花が咲きます。
品種によって花の色も異なりますので、
いろんなジャガイモを栽培して
花を観察してみましょう。

STEP5 収穫・日陰干し

葉が徒長気味の場合は、茎が折れないように
支柱を立てて育てましょう。

収穫日は、晴天が2〜3日続き土が乾いている時を
選びましょう。

収穫は根元部分を持って引き抜くか、
葉を根元から切り手で土を掘りジャガイモを
探していくのも面白いです。
収穫を大いに楽しみましょう。

収穫したジャガイモは土がついたまま
日陰(冷暗所)で2週間程、
重ならないように並べて干し、
表面を乾燥させます。
乾燥中の注意点として、
くれぐれも直射日光を当てないように
しましょう。

収穫した採りたてジャガイモを水で洗い
ラップを巻いてレンジで5分間チン。
ホクホクのジャガイモが出来上がりますので、まずはじゃがバターどうぞ。
コロッケ、肉じゃが・・・色んな料理で美味しく頂きましょう!


ジャガイモ栽培セット

ジャガイモ栽培セット

家庭菜園で人気の高いジャガイモの栽培セットです!

ジャガイモ栽培セット 24L

特徴

培養土、プランター、鉢底土、種芋、肥料等が全て揃った栽培セットだから、届いたその日にすぐ始められます。
プランターは、支柱止め具が付いていますので、ジャガイモの後は実物野菜にも使えます。

種芋は、男爵芋・メークイン・キタアカリの3種類からお好きな組み合わせで2個お選び頂けます。

セット内容 野菜がおいしいeco培養土24L 1袋
野菜がおいしいeco培養土5L 1袋
鉢底土 3L 1袋
大和 いもまめの肥料600g 1袋
大和 切口・傷の保護材100g 1袋
菜園プランター630深型(支柱止め具付き) 1個
種芋 2個
梱包重量 約22Kg
価格 2,310円 (税込)
商品コード 8104

この商品は完売しました。


選べる種芋

男爵芋
男爵芋

日本で一番食べられている品種です。
初期生育と早期肥大性に優れ、栽培期間が短いので施肥は元肥だけで十分です。
ホクホク感があるので、コロッケやポテトサラダに向いています。

メークイン
メークイン

形が長く、身が黄色で、粘質、また煮ても壊れない性質を持つビタミンCも豊富に含まれているのが特徴です。
食味は極めて優秀ですが、多肥栽培では食味が低下するので注意。
煮崩れしにくいので、カレーやシチュー、肉じゃがなどに向いています。

キタアカリ
キタアカリ

男爵薯を母に、ジャガイモシストセンチュウ抵抗性のツニカ(Tunika)を父として交配して作られた品種です。
明るい黄色の肉色とホクホク甘いことから、別名「栗じゃが」「黄金男爵」などとも呼ばれ大人気。
ビタミンCは男爵薯の約1.5倍と含有量が多いのも特徴の一つです。
煮上がりが早く、粉ふきいも、ベークドポテト、サラダに最適!